外反母趾は靴選びが大切|自分の足にフィットしたものを探す

大豆イソフラボンの豆知識

女の人

女性ホルモンを増やす働きがある天然由来成分が大豆イソフラボンです。植物性エストロゲンとも言われていて、女性ホルモンと同じ働きをすることが分かっています。大豆イソフラボンは適度に摂取すると美容に効果的です。

More Detail

自分に合った枕の探し方

横になる女性

枕は大きさや素材が合っていないだけで、肩こりや頭痛など、様々な症状を引き起こします。理想の枕の条件は高さや大きさ、素材など色々とありますが、自分に合っているかどうかが一番重要です。快適な睡眠を得るためにも、自分に合った枕を探しましょう。

More Detail

肩に痛みに悩む人へ

肩凝り

肩こりを解消するには、ストレスをためこまないことがポイントになります。まずは、身体を動かしてストレスを発散させましょう。運動は血行も良くするので、肩こりの解消に大いに役立ってくれます。もちろん、食事にも気を配りましょう。

More Detail

足の親指の痛みを軽減する

ヒール

筋肉の衰えも原因

足の親指が小指の方向へ曲がり、付け根の部分が外側へ出っ張った状態を外反母趾と呼んでいます。外反母趾になると親指の付け根が靴に擦れて痛いので、つま先をかばってかかとに重心がかかり、歩き方が不自然になってしまいます。これが肩こりや腰痛など二次的な症状の原因になります。また外反母趾は適切な処置をしないと症状が進行し、やがて歩行困難になる場合もあります。外反母趾の原因のひとつは、足裏の筋肉の衰えであると言われています。裸足で凸凹道を歩いていた昔の人は、自然に筋肉が鍛えられていましたが、靴で保護された現代人の足は、昔に比べて運動不足になっています。ハイヒールで圧迫された女性の足は、特に外反母趾になりやすいとされています。

手術が必要になる前に

重症化した外反母趾は、手術が必要になる場合もあります。しかし手術は体への負担が大きいだけでなく、100%回復するとは限らず、再発する可能性もあります。痛みがひどくなる前に運動療法で足裏の筋肉を鍛えたり、テーピングで足の形状を矯正したりすれば、症状の進行を食い止めることができます。適切な靴を選んでインソールで矯正する方法も効果的です。外反母趾になると、とりあえず痛みを和らげるため、緩くて軽い靴を選びがちです。けれどもこのような靴は、骨の歪みを矯正するどころか、かえって助長してしまう恐れがあります。足にピッタリとフィットして、しかも指を動かしやすい靴が望ましいと言えます。迷ったら専門家のアドバイスを受けるのも一つの方法です。