大豆イソフラボンの豆知識|外反母趾は靴選びが大切|自分の足にフィットしたものを探す

外反母趾は靴選びが大切|自分の足にフィットしたものを探す

大豆イソフラボンの豆知識

女の人

大豆イソフラボンの効果

美容効果やアンチエイジング効果があるサプリメントに、大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に配合されている有効成分です。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と同じ構造をしていることから、「植物性エストロゲン」という別名もあります。大豆イソフラボンを摂取することで、卵巣から分泌されるエストロゲンを増やすことができます。エストロゲンは美人の素ともいわれる女性ホルモンです。美しい肌を作ったり、肌を白くしたり、髪を艶やかにしたりする効果があります。また、更年期障害にも効果があります。エストロゲンが急激に減少することが、更年期障害の原因です。大豆イソフラボンのサプリでエストロゲンを増やすことで、更年期障害が緩和されます。

過剰摂取はNG

大豆イソフラボンは、女性ホルモンを増やすなど女性にとって様々な嬉しい働きをします。ただし、いくらいい成分であっても、過剰摂取をすることは禁止です。大豆イソフラボンの過剰摂取で女性ホルモンが増えすぎて、乳がんリスクが高まる恐れがあります。また、生理不順、不正出血、生理前症候群などの症状が出ることもあります。何等かの異変が起ったら、摂取の量を控えることが大切です。大豆イソフラボンの一日の摂取量の上限は、約75mg程度です。これは、納豆で言えば一パック程度、お豆腐で言えば一丁程度です。普段和食を好んで食べている人であれば、無意識のうちに摂取している数字です。サプリメントで増やす場合は、100mgを上限とする必要があります。